液面計のサワダ製作所 OBK

06-6492-2320

低圧用水面計・液面計用ゲージバルブ<KS20型/KS15型急開閉タイプ/KS10−N型>

低圧用ゲージバルブは内ネジ式のユニオンボンネットタイプです。ゲージグラスが破損した場合に流体が外部に流出するのを防ぐために上下弁とも球弁が挿入されています。(※急開ハンドルタイプは除く)

KS20型

KS20型

低圧用の標準タイプとして使用され、スピンドルはバックシート付となっています。千鳥型水面計・液面計の上下弁としてKS20−W型もあります。

型式参考図ダウンロードはこちらから(PDF)

Get ADBE READER

この製品のお見積もり依頼はこちら

KS15型

KS15型

基本構造はKS20型と同じですが、スピンドルのネジを多条ネジとすることでバーハンドルを約90度回転することにより開閉できる急開閉タイプのバルブです。反射式水面計U−20型、透視式水面計T−20型と組み合せて多く使用されます。ただし球弁は下部弁のみの設置となり、スピンドルにはバックシートは付いていません。

型式参考図ダウンロードはこちらから(PDF)

Get ADBE READER

この製品のお見積もり依頼はこちら

KS10−N型

φ19とφ16用丸ガラス管水(液)面計用バルブです。負圧用のKS10−NV型、バックシート付のKS10−NB型等もご要望により製作致します。

この製品のお見積もり依頼はこちら

KS35型

φ25用丸ガラス管水(液)面計用バルブです。ガラス管との取り付けはオフセット型になります。

この製品のお見積もり依頼はこちら

このページのトップへ

株式会社サワダ製作所

尼崎市次屋3丁目5-3
TEL:06-6492-2320
FAX: 06-6492-2321

Copyright (c) Sawada Seisakusyo Co.,Ltd. All Rights reserved.